巨人・菅野18イニング無失点「前回の完封より価値がある」

[ 2018年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―0DeNA ( 2018年5月4日    横浜 )

7回2死二塁桑原を三振に打ち取りガッツポーズをする菅野
Photo By スポニチ

 巨人は5番手の宮国が延長12回2死一、三塁のピンチを切り抜けた。今季セ・リーグ初の引き分け。0―0は球団では2年ぶりで、菅野は「満足いくピッチングができた。前回の完封より価値がある」と振り返った。今季初の中5日で8回2安打無失点。計18イニング連続で得点を与えていない。

 6回の筒香との対戦。テンポのいい投球の中、主砲には「相手に考える時間をつくって駆け引きをしていた」と、あえて間を置いた。最後は、外寄りの直球で空振り三振。今季最速の154キロで仕留め、右拳を振った。「力で押し込めたというのが良い部分。違った自分を引き出せた」。一発を警戒しながらも、力勝負で勝った。

 多くの子供が観戦するゴールデンウイーク。登板前には「自分も小さい頃に球場に行って見ていた。(印象に残るのは)川上憲伸さんと松井秀喜さんの対戦」と少年時代を思い出した。当時の巨人の4番と中日のエースの対戦。「そういう勝負が一つでもできれば」と、侍ジャパンのエースが同じ侍4番との対戦で魅了した。

 「何とか守りのリズムをつくって攻撃につなげようと思った」。自身4連勝とはならなかったが、チームは2位浮上。エースの熱投だった。 (神田 佑)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース