ヤク・ブキャナン、今季チーム初完封!防御率トップ浮上

[ 2018年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―0広島 ( 2018年5月4日    神宮 )

広島打線を相手に完封勝利を飾ったブキャナン
Photo By スポニチ

 ヤクルトのブキャナンが今季チーム初完封を5安打無四球で飾った。「中継ぎに休んでもらえたことはよかったね」。昨季0勝3敗と苦手としていた広島打線に対し、直球とカーブで緩急をつけながら三塁も踏ませなかった。打っても、1―0の2回2死二塁で左翼線へ適時二塁打。投打に奮闘したが「素晴らしい守備をしてくれたから」と仲間に感謝した。

 フィリーズ時代の15年には、マーリンズに所属していたイチローと一度だけ対戦し三振に斬ったことがある。「日本でも米国でも伝説になる選手。三振を取れたことは一生の思い出」。開幕投手を務めた右腕が抜群の安定感でチームを2連勝に導き、防御率1・43もリーグトップに躍り出た。 (細川 真里)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月5日のニュース