ソフトB高田「思い切って」1号2ラン 亜大同級生の東浜援護

[ 2018年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―5オリックス ( 2018年5月4日    ヤフオクD )

2回2死一塁、右越えに2ランを放つ高田
Photo By スポニチ

 今季2度目の先発出場でソフトバンク・高田が起用に応えた。

 1点を追う2回2死一塁、カウント2―1でベンチから盗塁のサイン。「真っすぐが来たら打とう。変化球でもスイングで進めるから思い切っていこう」。芯で捉えた打球は右翼テラス席への1号2ラン。亜大の同級生、東浜を救う一時逆転の一発だった。「何とか援護できるようにと思っていた。(逆転負けは)しょうがないですね」と残念そうだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース