DeNA8投手継投で執念ドロー ラミ監督も納得「大きい」

[ 2018年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0―0巨人 ( 2018年5月4日    横浜 )

好リリーフを見せた三上
Photo By スポニチ

 DeNAは8投手による無失点リレーで、球団では05年以来13年ぶりとなる0―0での引き分けに持ち込んだ。先発の石田が7回先頭に四球を与えたところで2番手・三上にスイッチ。その後も小刻みな継投で延長12回まで得点を許さなかった。

 相手先発は昨季6勝を許した菅野。天敵から得点は奪えなかったが、ラミレス監督は「昨季6勝されている投手に負けなかった。チーム一丸で引き分けたのは大きい」と前向きに捉えた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース