木更津総合 10年ぶり6度目関東大会 背番号5の野尻が5回3安打完封

[ 2018年5月5日 17:51 ]

春季高校野球千葉県大会 準々決勝   木更津総合10―0志学館 ( 2018年5月5日    千葉県野球場 )

投打に活躍した木更津総合の野尻
Photo By スポニチ

 木更津総合が5回コールドで10年ぶり6度目の関東大会出場を決めた。

 背番号5の野尻幸輝(3年)が5回3安打完封。昨秋から投手を始めた右腕は「いまの投手陣にも刺激になると思うし、自分が投げる変化球の軌道を意識して打席に入れるようになった。自分にとって初めての関東大会では思い切って投げたい」と宣言した。千葉県内屈指の強打者でもあり、この日は5番を打ち2安打3打点の活躍。五島卓道監督は「投手に慣れてきた。三塁だけよりも、視野が広がっていいんじゃないかな」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース