イチロー 就任の会長付特別補佐とは?Rジョンソンと同職 “内部”から助言

[ 2018年5月5日 06:30 ]

記者会見するイチロー(AP)
Photo By AP

 イチローの正式な肩書は「Special Assistant to the Chairman」。メジャーでは偉大なOBに特別職を与えることは珍しくなく、元ヤンキースの松井秀喜氏は「GM付特別アドバイザー」の肩書を持つ。「特別アドバイザー」が外部から助言する立場であるのに対し、「特別補佐」はより近い位置でサポートする。中でも「会長付」「CEO付」は最も地位が高く、通算303勝左腕のランディ・ジョンソン氏もダイヤモンドバックスで同職に就いている。

 ただ、ユニホームを着て、試合前の練習に参加するのは極めて異例。遠征にも同行するが、試合中のベンチ入りは認められていない。また、イチローは「任意引退リスト」に登録されておらず、身分上は他球団からオファーがあれば、契約することはできる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月5日のニュース