マー、7回途中3失点で降板 イチ生涯契約に「凄いな」

[ 2018年5月5日 05:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース5―6アストロズ ( 2018年5月3日    ヒューストン )

アストロズ戦に先発し、7回3失点で勝敗が付かなかった田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中は米1年目の14年にチームメートだったイチローについて「まだ引退ではない、とのことなので。まず今年これで対戦する機会はなくなってしまうのかと思いました」と語った。

 両軍は6月19〜21日の3連戦など、計6試合対戦予定。2人はイチローがマーリンズに移籍した15年6月に対戦し、4打数2安打1三振だった。異例の形での契約に「偉大な功績を残してこられたからこそだと思うし、凄いなと思います」としみじみと語った。

 先発したアストロズ戦では6回0/3を5安打3失点。6回まで無失点だったが、7回に無死満塁として降板。勝利投手の権利も手にしていたが、2番手グリーンが逆転を許して白星も消えた。チームは勝利したが「降り方が最悪。グリーンに申し訳ない」と険しい表情だった。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース