早大 サヨナラで東大に先勝 2メートルの長身左腕・今西がリーグ戦初勝利

[ 2018年5月5日 17:19 ]

東京六大学春季リーグ戦   早大1―0東大 ( 2018年5月5日    神宮 )

<早大・東大>1回無失点の好投を見せた早大の2番手・今西
Photo By スポニチ

 早大が東大をサヨナラで下し、先勝した。

 2メートルの長身を誇る今西拓弥投手(2年、広陵)が0―0の9回から3者三振。その裏のサヨナラで白星が転がりこんだ。8回まではエース左腕で主将の小島和哉投手(4年、浦和学院)が力投も打線の援護がなかっただけに「おいしいところを持って行ってしまった」と申し訳なさそう。それでも「貢献できて良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月5日のニュース