ロッテ藤岡裕が逆転口火!危険タックルで左腕負傷も気迫同点打

[ 2018年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ6―3日本ハム ( 2018年5月4日    札幌D )

5回1死二塁、同点の適時打を放つ藤岡裕
Photo By スポニチ

 その左手親指に力は入らない。だが、振り抜いた打球はぎりぎり二塁手の頭上を越えた。1点差に迫り、なお、5回1死二塁。ロッテのドラフト2位・藤岡裕は村田の105キロカーブを捉え、右前同点適時打を放った。この一打から一挙5得点の逆転劇が生まれた。

 「(村田は)前の打席も変化球でカウントを取ってきた。また来ると思って狙った」

 初回2死一塁、アルシアの二盗で二塁のカバーに入り、タッチの際にスパイクが左前腕に突き刺さった。このプレーはリプレー検証の結果、危険なスライディングと判定され、アウト。しびれが引かず、ベンチへ治療に戻ったが「自分はまだ、レギュラーではない。誰かにチャンスを与えれば、いつチャンスが来るか分からない」と定位置に戻った。

 「痛いなんて言えばすぐ、代えていた。ポジションを渡したくない気持ちが強い」と井口監督。連敗は3で止まり5月初勝利。ルーキーの見せた根性が逆転勝利を呼んだ。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース