楽天・足立、痛恨の後逸 天敵・雄星から5点も…借金最多14

[ 2018年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天5―6西武 ( 2018年5月4日    楽天生命パーク )

9回2死二塁、ボールをはじいて見失った足立
Photo By スポニチ

 楽天は暴投で決勝点を許して2連敗。借金は今季最多の14に膨らんだ。

 同点の9回2死二塁。守護神・松井が追い込んでから投じたスライダーで源田を空振りさせたが、捕手・足立がワンバウンドした球を後逸。レガースに当てて見失ったこともあり、二塁走者の木村の生還を許した。「松井の球は良かったし、スライダーも切れていた。僕のミス。水を差すプレーをしてしまった」。13連敗中の西武・菊池から5点を奪ったが、白星を挙げることはできなかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース