日本ハム 大田泰の適時打でロッテに逆転勝ち 清宮はデビューから4試合連続安打、走塁ミスも

[ 2018年5月5日 17:00 ]

パ・リーグ   日本ハム6―4ロッテ ( 2018年5月5日    札幌D )

<日・ロ>5回2死二、三塁、大田は逆転となる右前適時安打を打つ
Photo By スポニチ

 日本ハムが大田泰の逆転2点適時打が決勝打となり、ロッテに逆転勝利した。投げては、先発の有原が6回1/3、6安打4失点で苦しみながらも3勝目(1敗)を挙げた。

 2―4の2点ビハインドで迎えた5回、石井、清水の連打などで2死一、二塁とすると、西川が適時左二塁打を放ち、1点差。なおも、2死二、三塁から、大田泰の右適時打で2人が生還し、逆転した。その後、6回には、中田の右翼スタンドへの7号ソロも飛び出し、リードを広げた。

 なお、4日まで、デビューから3試合連続安打を続けていた清宮は6回に無死ランナーなしから遊撃へ内野安打。デビューからの連続安打を4に伸ばし、高卒新人のデビューから4戦連続安打は99年・赤田将吾(西武)、15年・淺間大基(日本ハム)に並ぶドラフト制以降では最多タイとした。ただ、その後に、痛い走塁ミスも。田中賢の中飛で飛び出し、併殺を喫している。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース