【埼玉】浦和学院 裏目に出た満塁継投「雰囲気にのまれた」

[ 2017年7月28日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権埼玉大会決勝   浦和学院2―5花咲徳栄 ( 2017年7月27日    大宮公園 )

<浦和学院・花咲徳栄>ベンチでうなだれる浦和学院ナイン
Photo By スポニチ

 浦和学院(埼玉)は4年ぶりの夏の甲子園出場は果たせなかった。

 0―0の5回1死満塁で代わった2番手の左腕・桑野が押し出し四球。さらに代わった2年生左腕・佐野も連続押し出し四死球と裏目に出て、4点を先制された。森士(おさむ)監督は「相手の左に合わせ桑野を温めていたが、雰囲気にのまれた。そのまま佐野ものまれた。監督として責任を感じる」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース