中日 投壊3戦31失点 小熊7失点KO「悔しい」

[ 2017年7月28日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―11ヤクルト ( 2017年7月27日    神宮 )

<ヤ・中>3回無死、バレンティン(右)にソロアーチを浴びる先発・小熊
Photo By スポニチ

 投壊が止まらない。中日はプロ野球タイ記録の10点差逆転負けを喫した前日に続き、この日は2―11の大敗。この3連戦の合計失点は31を数えた。

 連敗は5に伸び、借金は今季ワーストに並ぶ12。今季初登板の先発・小熊が4回7失点と期待を裏切った。「自分の投球をするだけだったが、できなくて悔しい」。2番手に丸山、3番手に笠原と新人を送り込んだが、ともに失点した。

 ▼中日・京田(今季9度目の猛打賞。球団新人では99年福留以来の100安打到達)1本ずつ積み重ねていくだけです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース