早実が偵察メンバー 和泉監督「どの投手がくるか分からなかった」

[ 2017年7月28日 14:24 ]

第99回全国高校野球選手権西東京大会準決勝   早実4―1八王子学園八王子 ( 2017年7月28日    神宮 )

<早実・八王子学園八王子>決勝進出を決めて、早実ナインが応援団にダッシュする
Photo By スポニチ

 早実が偵察メンバーを使って、八王子学園八王子との準決勝に臨んだ。あまり偵察メンバーを使わない和泉実監督は「相手は投手が多いので、どの投手がくるか分からなかった」と説明。5番が多かったエース・雪山幹太(2年)を2番に上げ、5番に偵察メンバーを入れた。

 八王子学園八王子は、この日の先発だった右上手投げのエース・米原大地(3年)以外にも、左やアンダースローなど、多彩な投手の陣容を誇る。結果的に先発は米原で、初回に打順が回ってきた5番には左打ちの西田燎太を代打に起用した。和泉監督は「左の早乙女(大輝=3年)かと思ったんだけどね」話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース