【福井】坂井 夏の甲子園初切符 統合経て14年開校の公立校

[ 2017年7月28日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権福井大会決勝   坂井3―0敦賀 ( 2017年7月27日    福井県営 )

 坂井(福井)が夏の甲子園初出場を決めた。初回に1点を先制し、2、7回にも加点。エース吉川は3回以降、一人の走者も許さない完璧な投球を披露し、2安打に抑えて完封した。

 同校は春江工、坂井農などと統合し、14年4月に開校。春江工時代の13年に栗原(現ソフトバンク)を擁してセンバツに出場した経験のある川村忠義監督は「選手もスタンドもやったぞー!」とうれし涙を浮かべた。春江工時代と同じ機動力を使った野球が売り物で「甲子園でも逃げない野球ができれば」と意気込みを語った。吉田主将は「昨日の試合の疲れもあったが声を掛け合い自分たちのプレーができた」と笑顔を見せた。

 ◆坂井(福井)2014年開校の公立校。工業など専門学科が4つある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース