ヤンキース ガードナーがサヨナラソロ!歓喜の輪でジャッジが歯を折る

[ 2017年7月28日 14:48 ]

サヨナラ弾を放ったガードナー(右)を祝福するヤンキースナイン(AP)
Photo By AP

 ヤンキースは27日(日本時間28日)の本拠地レイズ戦で延長11回サヨナラ勝ちを収め、4連勝を飾った。5―5の11回に先頭のガードナーが右越え18号サヨナラソロ。首位レッドソックスに0・5ゲーム差に迫る値千金の一発を放った33歳は「凄く興奮したよ。我々はプレーオフに出られるチームだと信じている」と話した。

 1点ビハインドの9回2死から同点に追いつき、最後は劇的な幕切れ。歓喜の輪の中でもみくちゃになった主砲ジャッジの歯が折れるほど、ナインは喜びを爆発させた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース