【島根】開星 ノーシードから3年ぶり甲子園切符

[ 2017年7月28日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権島根大会決勝   開星5―2益田東 ( 2017年7月27日    島根県立浜山 )

 開星(島根)がノーシードから勝ち上がり、3年ぶりの甲子園切符をつかんだ。

 初回に四球を足がかりに3連打で2点を先取。同点とされた直後の4回は4安打を集め、3点を勝ち越した。以降の窮地を先発の中村がしのぎ、6回途中から片原へつないで逃げ切った。1戦ごとに力を蓄えた戦いぶりに葉田主将は「挑戦者として臨んできた結果。全員の力が合わさった」と団結の勝利を強調。涙を浮かべて喜んだ山内弘和監督は「甲子園も挑戦の心を忘れずに頑張っていきたい。甲子園でもまず1勝を」と意気込んでいた。

 ◆開星(島根)私立中高一貫校。中学校のOBにテニスの錦織圭がいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース