大谷 二刀流再調整へ 吉井コーチがブルペン入り示唆

[ 2017年7月28日 05:30 ]

 日本ハムの大谷が「二刀流」の完全復活に向け、投手調整を再び前に進める。29日からのソフトバンク3連戦(ヤフオクドームなど)に備えて羽田空港から空路で福岡に移動した吉井投手コーチが「体調を見ながらだが(ブルペンに)入る可能性はある」と語った。

 大谷は4月上旬に左太腿裏を肉離れして離脱し、6月下旬から打者で1軍に復帰。同時に投手調整も進めたが、今季初登板だった今月12日のオリックス戦で先発して2回途中4失点の乱調だった。その後は一度だけブルペン入りしただけで野手で出場を続け、26日のロッテ戦(帯広)では右翼場外に特大の一発を放つなどコンディションは上向きだ。

 「(次の実戦までに)最低2回はブルペンに入らないと」と吉井コーチ。完全復活へ向け慎重に段階を踏む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース