【鳥取】昨夏決勝の雪辱!米子松蔭 17年ぶり甲子園切符

[ 2017年7月28日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権鳥取大会決勝   米子松蔭5―2米子東 ( 2017年7月27日    どらやきドラマチックパーク米子市民 )

 17年ぶりの甲子園切符をつかんだ。米子松蔭(鳥取)は2回に馬場畑の適時二塁打など4長短打を集めて4点を先制。投げてはエース辰己が2失点完投と投打がかみ合い、米子東に快勝した。

 昨夏も決勝に進んだが、境に4―19と大敗して準優勝。開幕戦を戦った今夏は安定した投手陣とここ一番での集中打が光り、ノーシードから頂点に駆け上がった。監督として初めて甲子園出場を決めた笠尾幸広監督は「選手にはよくやったと言ってあげたい」と夢見心地。主将を務める馬場畑は「甲子園では一戦必勝で頑張りたい」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース