広島・松山 絶叫「鹿児島にいるじいちゃん、ばあちゃん!きょうやったよ!!」

[ 2017年7月28日 21:42 ]

セ・リーグ   広島7―1ヤクルト ( 2017年7月28日    マツダ )

3回裏2死満塁、走者一掃の3点適時二塁打を放ち、塁上でガッツポーズの松山
Photo By スポニチ

 「5番・左翼」で先発した広島・松山が、3回に2死満塁から走者一掃の左越え二塁打を放って勝利に貢献した。

 鈴木の20号ソロで2回に1点を先制し、1―0で迎えた3回。2死満塁で打席に入った松山はカウント3ボール2ストライクからの6球目となった外角カーブをとらえ、打球は左翼方面へ。ヤクルトの左翼手・バレンティンが捕球体勢に入ったが、その頭上を越えるタイムリーとなった。

 2ストライクと追い込まれたカウントのため「何とか三振だけはしないように粘っこくいきました」という松山は「正直捕られると思ったんですけど、風に乗っていいところまで飛んでくれたので本当にうれしかったです」と笑顔。「状態良くここまで来れているので、もっともっとチームのために活躍できるようにやっていきたいです」と話すと、最後は「鹿児島にいるじいちゃん、ばあちゃん!きょうやったよ!!」と絶叫で締めくくり、カープファンから盛大な拍手と大声援を浴びていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース