ロッテ涌井 6回2失点も…右太腿裏つって緊急降板

[ 2017年7月28日 20:30 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2017年7月28日    ZOZOマリン )

<ロ・西>1回1死一塁、浅村(左)に先制の右越え2ランを打たれた涌井
Photo By スポニチ

 初回に浅村に先制2ランを浴びたものの、6回まで3安打2失点と好投していたロッテの先発・涌井が7回に緊急降板した。

 この回先頭の栗山に対し、1球を投じた後、右脚を押さえてベンチへ。そのまま・2番手の南と交代となった。右太腿の裏がつったという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月28日のニュース