ロッテ 千葉にゆかりある2投手指名 伊東監督「地元の選手指名できて良かった」

[ 2016年10月20日 21:08 ]

 ロッテが20日のドラフト会議で地元・千葉にゆかりのある2投手を指名した。3位で東海大市原望洋の最速153キロ右腕・島、5位で千葉出身の即戦力右腕の九州三菱自動車・有吉を指名した。伊東監督は「地元の選手を指名できて良かった」と話した。

 地元のファンに愛される千葉の選手を獲得するのが球団の方針。昨年ドラフトでも5位で専大松戸・原を指名した。千葉の高校OBの福浦(習志野)、唐川(成田)、清田(市柏)、松戸市出身の涌井など、地元スターが球団を支えている。永野吉成チーフスカウトは「高校生がロッテに入ることを目標にしてくれたら、千葉の高校野球も盛り上がる」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース