阪神 直前に決定 昨年に続き野手を1位指名「弱点は野手ということで」

[ 2016年10月20日 18:51 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2016年10月20日 )

大山を単独指名し笑顔の阪神・金本監督
Photo By スポニチ

 阪神は投手を指名すると予想されていたが、昨年の高山に続いて1位で野手を指名した。直前になって大山に決めたそうで、金本監督は「チーム状況を見たときに、若手のホープで投手と野手の数の差を検討した。弱点は野手ということで」と意図を説明した。

 監督は右打ちの内野手を「大砲候補」とし「打撃がしなやかで強く、タイプ的にはヤクルトの山田に似ている」と絶賛。「1年目から甲子園で暴れてほしい」と即戦力としての期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース