背水ブルージェイズ サンチェス好投で踏みとどまった

[ 2016年10月20日 05:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 ( 2016年10月18日    トロント )

インディアンス戦に先発し、6回を2安打1失点で勝利投手となったブルージェイズのサンチェス
Photo By 共同

 ヤンキース田中らを抑えて最優秀防御率に輝いたブルージェイズの右腕サンチェスが、6回2安打1失点と好投。負けたら敗退が決まる一戦で踏みとどまり、ジョン・ギボンズ監督は「また試合ができる」と安どの表情を浮かべた。

 打線も3回にドナルドソンが先制ソロ。2―1の7回無死一、三塁ではドナルドソンが歩かされたが、続く今季打点王のエンカーナシオンの2点打で突き放した。ドナルドソンは「このチームならやれる」と巻き返しに自信をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース