Bジェイズ打線、本領発揮できず…5試合で8得点「とてもつらい」

[ 2016年10月20日 10:15 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 ( 2016年10月19日    トロント )

9回2死二塁、一邪飛に倒れ、最後の打者となったブルージェイズのトロウィツキー(AP)
Photo By AP

 ブルージェイズは2年続けてリーグ優勝決定シリーズで涙をのんだ。リーグ3位の本塁打を記録した重量打線は最後まで本領を発揮できず、このシリーズ2度目の零敗。今季打点王のエンカーナシオンは「信じられないし、とてもつらい。野球ではこういうことが起きる」と声を落とした。

 バティスタ、トロウィツキーら主力が軒並み不振で、5試合で計8得点だった。バティスタは「力を出せなかった。相手がいい投球をした」と潔く敗北を受け入れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース