広島 抽選2度失敗で慶大・加藤を1位指名「ハートが強い 来季戦力として期待」

[ 2016年10月20日 18:34 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2016年10月20日 )

 25年ぶりにセ・リーグを制した広島は抽選を2度外した。最初の田中、続く佐々木千はどちらも5球団と競合。緒方監督がいずれも最後に残ったくじを引いたが、交渉権は獲得できなかった。

 3度目の入札で慶大の加藤を単独指名。監督は「マウンド度胸が素晴らしく、ハートが強い。来季の戦力として期待している」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース