アジアWリーグ オコエ、平沢、吉田正ら選出

[ 2016年10月20日 05:30 ]

楽天のオコエ
Photo By スポニチ

 台湾の中華職棒大連盟(CPBL)主催の「2016アジアウインターベースボールリーグ」に参加する日本野球機構(NPB)のメンバーが19日、発表された。イースタン選抜には楽天・オコエ、ロッテ・平沢、巨人・桜井ら昨年のドラフト1位指名選手に加え、DeNA・熊原、巨人・重信ら1軍で実績を積んだルーキーが顔をそろえた。ウエスタン選抜には昨年のドラフト1位で、今季63試合の出場で10本塁打を記録したオリックス・吉田正や、3年目の阪神・横田らが選出された。

 リーグは台湾・桃園野球場など4カ所で11月25日から12月15日まで全51試合。台湾、日本、韓国、欧州から全6チームが参加して行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース