昨年純平獲得 工藤監督が今年も大役「何よりもクジが緊張」

[ 2016年10月20日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議

スカウト会議を終え引き上げるソフトバンク・工藤監督
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは過去2年のドラフト1位は将来性のある高校生投手を指名してきたが、3年連続の日本一を逃した今年は即戦力の創価大・田中が有力だ。王貞治球団会長はスカウト会議後、結論がまだ出ていないことを明かし「今年は目移りするくらい多いから」と悩ましそうだった。

 履正社の寺島も1位候補に挙がっている。昨年は3球団が1位指名で競合した高橋(県岐阜商)をクジで引き当て、今年も大役を務める工藤監督は「何よりもクジを引くのが緊張する」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月20日のニュース