アウェー覚悟…海星・加藤監督 長田に警戒心「守り抜く」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

銀傘の下から元気に飛び出す海星ナイン

甲子園練習第2日

(3月16日)
 スタンドから対戦相手、長田・園田の投球を見た海星(長崎)の加藤慶二監督は「ものは一級品。ボールの伸びも資質も抜群。取れても2点くらい」と警戒心をあらわにした。

 「守り抜くしかない」と、この日の練習はシート打撃を行わず、守備を徹底。15年ぶりの春初戦を前に、「試合が5日目なのはラッキーだが、アウェーになるのは分かっている」と最後まで厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース