ソフトB、18日以降面談 現金授受問題で実態調査

[ 2016年3月17日 13:20 ]

 ソフトバンクは試合前の円陣で「声出し」をした野手が勝利後に他の野手から現金を受け取っていたことが発覚した問題で、球団幹部が17日、福岡市のヤフオクドームで会議を開き、1軍が遠征先から福岡に戻って活動する18日以降に面談を実施し、実態を調査する方針を確認した。

 三笠杉彦球団統括本部副本部長は特定の試合でチームが勝った場合のみ、祝儀として現金の授受があったと発表した16日に「今回の件のみならず、賭博とか全体のことについて調査する方向で考えている」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース