上原 2/3回で4失点も冷静「結果は気にしていない」

[ 2016年3月17日 11:29 ]

ツインズ戦の5回に登板したレッドソックス・上原

オープン戦 レッドソックス4―9ツインズ

(3月16日 フォートマイヤーズ)
 オープン戦2度目の登板となったレッドソックスの上原は、あえて決め球のスプリットを封印し、カット系のボールと直球を試した。

 5回に登場。1死一塁からロサリオに右越え本塁打を浴び、2死一、二塁でツインズに新加入した韓国のスラッガーのパク・ピョンホにカット系の球を左越え二塁打とされる。2/3回で4失点と打ち込まれたが、40歳のベテランらしく「今の時期しかできないことをやりたい。結果はそんなに気にはしていない」と冷静だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース