左足首ひねり乱調…阪神・藤浪 6四死球「怖くなってしまった」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

<ロ・神>6回2死、清田を歩かせ満塁としてしまったところで降板。マウンドで4回にバランスを崩した場面を再現する藤浪(右)

オープン戦 阪神3-3ロッテ

(3月16日 QVC)
 阪神・藤浪はアクシデントで乱れた。4回、連続四球を与え1死一、二塁で迎えた鈴木への3球目に踏み出した左足首がくぼみにはまり、ぐにゃりと曲がった。

 「ひねってしまい、途中からそればかり考えてしまった。踏み出すのが怖くなってしまった」。5回の前に行った投球練習でも再びひねり、結局5回2/3を6安打3失点(自責2)。114球を投じ今季初の100球超えも、6四死球を与えるなど課題を残した。ただ、患部については「大丈夫。ブルペンで投げ込んで(怖さを)払しょくできると思う」と問題なしを強調していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース