田沢 因縁Aロッド斬り 3戦連続無失点「試合勘がだいぶよく」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

<レッドソックス・ヤンキース>6回に登板し、3者凡退に抑えた田沢(AP)

オープン戦 レッドソックス3―6ヤンキース

(3月15日 フォートマイヤーズ)
 レッドソックスの田沢が、因縁のロドリゲスを封じるなどヤンキース戦で1回を3者凡退。3試合連続無失点で「試合勘がだいぶよくなってきている。(昨季終盤に休養して)嫌な感じもあったけど払しょくされつつある」と手応えを語った。

 6回1死走者なしではロドリゲスを迎えた。09年8月7日のメジャーデビュー戦でサヨナラ弾、昨年5月1日の対戦では当時歴代4位のメイズに並ぶ通算660号のメモリアル弾を浴びた相手。変化球を続けて2球で追い込むと、1ボール2ストライクからこの日最速となる95マイル(約153キロ)直球で右飛に抑え込んだ。続く強打者テシェイラもスプリットで空振り三振。1番からの好打順を完璧に料理し「打者陣がよかったので、そこを抑えられたのはよかった」と話した。(フォートマイヤーズ・東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース