原前監督&松井氏 巨人開幕戦W解説 由伸監督の初采配どう分析?

[ 2016年3月17日 05:30 ]

原前監督(左)と松井氏

オープン戦 巨人10-8ヤクルト

(3月16日 神宮)
 開幕戦となる25日の巨人―ヤクルト戦(東京ドーム)の日本テレビ系列地上波中継で、巨人・原辰徳球団特別顧問(57)とOBの松井秀喜氏(41=ヤンキースGM特別アドバイザー)がゲスト解説を務めることが16日、分かった。

 昨秋、誕生した高橋巨人の記念すべき初戦。グラウンド外の不祥事から、シーズンの戦いに集中を図る高橋監督にとっては心強い2人が東京ドームを訪れる。原前監督は昨秋の退任以降、現場に姿を現すのは初めて。06年からの第2次政権では10年間指揮を執り、通算で7度のリーグ優勝、3度の日本一に輝いた名将が後継者となった高橋監督の初采配をどう分析するかに注目が集まる。

 松井氏は3年連続での巨人開幕戦のゲスト解説。宮崎春季キャンプでも臨時コーチとして若手中心に打撃面などの指導を行い、高橋監督をサポートしてきた。「個々がしっかりと課題を持って、取り組んでいた。シーズンでいい結果が出るとうれしい」と話し、1歳年下の新指揮官には「願うことは勝利をつかむこと」と願っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース