イチロー 振り切ってOP戦初適時打「恐れてはいけない」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

<マーリンズ・メッツ>4回2死三塁、中前適時打を放つイチロー(AP)

オープン戦 マーリンズ6―8メッツ

(3月15日 ジュピター)
 マーリンズのイチローが今オープン戦初のタイムリーを放った。4回2死三塁で、代わったばかりの左腕ブレビンズから中前適時打。

 内角高めの球に詰まったが「詰まることを恐れてはいけない」と以前から口にしている通りに振り切った。それ以外の2打席は空振り三振だった。首脳陣は50打席前後で調整させる方針で、この日で19打席を消化。ドン・マッティングリー監督は「みんな少しずつ良くなってきている」と話した。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース