義足の左腕、釜石・沢田 人生初甲子園「野球を続けてきて良かった」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

守備練習をする釜石・沢田

甲子園練習第2日

(3月16日)
 右足に義足を着けてプレーする左投手の釜石・沢田は、夢だった甲子園のグラウンドを踏みしめ「ここに立てたことがうれしい。野球を続けてきて良かった」と笑顔で感慨に浸った。

 甲子園に来たのは人生初。マウンドに立つ機会はなかったが、ノックで一塁に就き、土の感触を確かめた。サイドスローでカーブやシンカーなど多彩な変化球を操る。「客席が大きくて、他球場では経験できない」と登板のイメージを膨らませていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース