インフル明けヤクルト川端 OP戦1号「徐々に振れてきている」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

<ヤ・巨>3回無死、川端は内海から右越えソロを放つ

オープン戦 ヤクルト8-10巨人

(3月16日 神宮)
 ヤクルト・川端がオープン戦初アーチ。3回に内海の真ん中低めのチェンジアップを右翼席に運び、「カーブを待っていたけどうまく反応できた」と納得の表情。

 1日にインフルエンザB型を発症。39度6分の熱が3日続き、頭痛で眠れないほどだった。体を1週間動かせず、選出された侍ジャパンの強化試合も辞退。まだせきが出るなど体調は万全でないが、実戦復帰2試合目で結果を残した。左脇腹肉離れのバレンティン、腰痛の畠山が開幕に間に合うか微妙な中、「みんなでカバーしたらいい」ときっぱり。「徐々に振れてきている。追い込まれてからもっと粘れるようにしたい」とシーズンを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース