ヤクルト 西浦、マルチでアピール「一打席一打席が勝負」

[ 2016年3月17日 18:30 ]

オープン戦 ヤクルト1―1阪神

(3月17日 神宮)
 「7番・遊撃」でスタメン出場したヤクルト・西浦がマルチ安打でアピールした。

 阪神戦(神宮)の4回2死で左前打。7回は先頭打者として中前打を放ち、代打・森岡の三塁打で同点のホームを踏んだ。法大から13年ドラフト2位で入団し、今季がプロ3年目。飛躍のシーズンを目指し、「一打席一打席が勝負のつもりでやっている」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース