「まずはゆっくり休んでほしい」桑田氏、清原被告保釈でコメント

[ 2016年3月17日 21:09 ]

桑田氏

 覚せい剤取締法違反で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が保釈されたことを受け、大阪・PL学園高の同級生で巨人でも同僚だった野球評論家の桑田真澄氏(47)は17日、「今の僕には推移を見守ることしかできませんが、まずはゆっくり休んでほしいと思います」とのコメントを発表した。

 2月に清原被告が逮捕された際は「人生でも逆転満塁本塁打を打ってほしい」と更生への期待を語っていた。逮捕から40日以上を経ての釈放に「この1カ月半は、体力的にも精神的にも、とてもつらい時間だったのではないかと想像します」と思いやった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース