宿舎に勉強部屋確保 偏差値70長田ナイン 宿題やばい

[ 2016年3月17日 05:30 ]

マウンドの感触を確かめる長田のエース・園田

甲子園練習第2日

(3月16日)
 21世紀枠で初出場の長田は、19日から入る宿舎に勉強部屋を確保した。

 偏差値70を誇り、320人の生徒の4~5割が毎年、現役で国公立大に合格する兵庫県屈指の進学校。野球部員も半数が普段は塾に通うが、大会中は難しく、自主学習ができるように学校側が配慮した。「2~3時間はそこで勉強してもらう」と永井伸哉監督。今学期終業の23日までは宿舎から学校に通い、授業を受けた後にグラウンドで練習、宿舎でさらに勉強…のハードスケジュールになる。

 海星(長崎)との初戦は大会5日目、順調に日程消化されれば24日だ。エースの園田は「強打のチームと聞いている」と表情を引き締めながら、「勉強がやばいんですよ。(宿題は)問題集とか量がえげつない」と打ち明けた。理工系を志し、夢はエンジニア。文武両道の春を戦い抜く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース