オコエ2世、関東第一・宮本「“やばい”と思った打球を…」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

シート打撃で鋭い打球を飛ばす関東第一・宮本

甲子園練習第2日

(3月16日)
 昨夏甲子園4強進出の原動力となった楽天・オコエから背番号8を引き継いだ関東第一(東京)の宮本が「出塁して機動力で相手を圧倒したい」と気合を入れた。

 初戦は注目右腕・藤嶋を擁する東邦(愛知)と戦う。競走してオコエに勝ったことはないが、50メートル走のタイムはオコエの5秒96を上回る5秒91。現チームでトップの俊足だ。昨夏はスタンドからオコエの美守を見つめた。「感動した。自分も投手が“やばい”と思った打球を捕りたい」と中堅の守備でもチームに貢献する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース