ロッテ・井上“仮想・大谷”藤浪から二塁打 開幕スタメン前進

[ 2016年3月17日 05:30 ]

オープン戦 ロッテ3-3阪神

(3月16日 QVC)
 3年目のロッテ・井上が2回、藤浪から左翼線二塁打。3ボール1ストライクから150キロの内寄り直球を捉えて「速い球(直球)に合わせていた。タイミングが合った」。

 伊東監督が「(開幕戦で対戦する)仮想大谷にしようと思った」という長身右腕相手に、自身5試合連続となる安打を放った。オープン戦はここまで打率・341。新人で球団史上64年ぶりの開幕戦4番を打った14年以来の開幕スタメンを引き寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース