DeNAドラ1今永 実戦初失点「今までとは違う緊張感」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

<中・D>今永は5回を7安打3失点と粘った

オープン戦 DeNA1-3中日

(3月16日 ナゴヤD)
 DeNAのドラフト1位左腕・今永が先発し、5回7安打3失点。実戦初失点を喫して「シーズンを意識して力んでしまい、ボールが浮いた。自分のウイークポイント」と振り返った。

 14日にラミレス監督から本拠地開幕の29日巨人戦での先発デビューを伝えられた後、初のマウンド。「今までとは違う緊張感があった」という。12イニング連続無失点投球(このほか降雨ノーゲームの2イニングも無失点)を続けていたが、この日は序盤から球が浮き4四死球。ストライクを取りにいった球を痛打された。

 一方、満塁の場面をつくった2、4回を最少失点で脱出。5回にはカーブを多投して3者凡退させ、試合中に修正する力を見せた。「反省が多いがちょっとは自信にしたい」。ラミレス監督も「全体的にはOK。こういう経験もできて良かった」と及第点を与えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース