オリ・ブランコ1軍枠“猛追”2号 福良監督「どうしたらいいかな」

[ 2016年3月17日 05:30 ]

<オ・楽>6回2死一、二塁、ブランコ(左)は左中間に3ランを放ち、風岡コーチとタッチを交わす

オープン戦 オリックス4-6楽天

(3月16日 京セラD)
 オリックスのブランコが6回1死一、二塁でオープン戦2号3ラン。

 うれしい悲鳴を上げたのは福良監督だ。「難しくなりました。どうしたらいいかな」。外国人枠の振り分けは野手、投手2人ずつの方針だが、野手3人がそろって好調。ボグセビックがオープン戦で打率・423、2本塁打なら、モレルは打率・346を誇る。出遅れ気味だったブランコも打率を・350に上げて猛追してきた形。結論は19日からの阪神3連戦までもつれそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月17日のニュース