新井良に「ジョージア魂賞」連敗脱出決定づけた3ラン

[ 2012年9月22日 06:00 ]

<神・中>ジョージア魂賞を受賞した新井良

 チームの勝利に貢献した魂あふれるプレーに贈られる「第9回ジョージア魂賞」の表彰式が21日、甲子園球場で行われた。受賞者の阪神・新井良太内野手(29)に選考委員の梨田昌孝氏から記念の盾が手渡され、コカ・コーラウエスト(株)の藤原義樹常務執行役員関西営業本部長から、副賞としてジョージア製品1年分と賞金30万円が贈られた。

 受賞対象プレーは7月29日DeNA戦(甲子園)でのチームの連敗を7で止めるダメ押しアーチ。鳥谷の2ランで逆転した4回、なおも2死二、三塁から三浦のフォークを捉え、中堅左に飛び込む3ランを放った。これでチームは勢いづき、9―2と大勝。ノミネートされた6プレーには12万3565票が集まったが、新井良の本塁打は、最多2万9420票を獲得した。

 新井良は「ファンの方から選んでいただく賞ですし、選出していただいて本当にうれしいです。魂を込めてプレーする。僕にはそれしかできないので、これからも魂のプレーで頑張ります」と、さらなる奮闘を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース