藤岡6勝目 プロ初完封逃し「もったいなかった」

[ 2012年9月22日 18:56 ]

6勝目を挙げ、ファンとハイタッチをするロッテ・藤岡

パ・リーグ ロッテ8―3オリックス

(9月22日 QVC)
 ロッテの藤岡が8月の1軍復帰後で最長の8回を投げ、6勝目を手にした。前回登板で球速が伸びなかったことから、西本投手コーチの指導で遠投を繰り返し、肩や腕の使い方を改善したという。「きょうは腕を振れて、テンポも良かった。変化球でストライクも取れた」と笑顔で振り返った。

 淡泊な相手打線にも助けられ、7回まで94球で完封ペース。だが8回に4安打を浴びて3点を失い、プロ初完封はお預けに。「8回は先頭の9番打者を出さないよう力んでしまい、もったいなかった」と、反省も忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月22日のニュース