村田移籍1年目で初歓喜 ドラえもん衣装で大はしゃぎ

[ 2012年9月22日 06:00 ]

<巨・ヤ>ドラえもんの衣装で阿部(右)にビールをかける村田
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人6-4ヤクルト

(9月21日 東京D)
 FA移籍1年目で、巨人の村田が初優勝を味わった。最後は盗塁死の幕切れで「ちょっと(気持ちが)差し込まれました」と笑ったが「本当にうれしい」と感慨にふけった。

 3回1死満塁では中犠飛で打点を挙げた。今季は横浜時代とは違う常勝球団の重圧もあって本塁打数は11本で伸び悩んだが、6犠飛はリーグトップタイ。チャンスでは強引にならずに、チーム打撃に徹した結果だった。「打点も挙げられたし、とにかく優勝できて良かったです」と苦しいシーズンを振り返った。

 初のビールかけでは会場に水鉄砲を持ち込み、ドラえもんの着ぐるみを着て、チームメートとはしゃいだ。昨オフにはFA権行使を悩み抜いた末に「優勝を経験したい」と巨人入りを決断。苦労が報われ「本当にうれしい」と繰り返した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース