ダル、ア新人歴代2位の214奪三振マーク!

[ 2012年9月22日 06:00 ]

<エンゼルス・レンジャーズ>日本人1年目最多となる16勝目を挙げたダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ3-1エンゼルス

(9月20日 アナハイム)
 レンジャーズ・ダルビッシュは9奪三振で今季214奪三振。ア・リーグの新人選手では1955年ハーブ・スコア(インディアンス)の245三振に次ぐ、歴代2位の記録となった。

 新人投手が16勝以上、200奪三振を挙げるのは大リーグ史上4人目の快挙。日本投手1年目での16勝は07年に15勝を挙げた松坂(レッドソックス)を抜き単独トップ。レギュラーシーズンは残り2試合に登板予定で、08年に松坂が挙げた日本人最多の年間18勝に並ぶ可能性も残っている。また4試合連続7回以上を投げて被安打4以内は、史上61人目で日本投手では初めて。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース