阪神 久保のFA資格日数に誤り「それがたまたま自分だっただけ」

[ 2012年9月22日 17:47 ]

 日本野球機構(NPB)は22日、阪神の久保のフリーエージェント(FA)資格日数に誤りがあったと発表した。開幕前は「7年23日」としていたが、正しくは「7年」だった。これにより、今季途中に2軍落ちしている久保がシーズン終了までに国内FAの資格取得条件(8年)を満たすのは厳しくなった。

 FA資格日数は、出場選手登録日数が145日に達すると1年として計算される。昨季の久保の登録日数は136日だったが、故障者特例措置で32日を加算された。本来は9日が加算されて1年となるため、残りの23日分は次のシーズンに持ち越さないが、作業ミスで繰り越しになっていた。

 久保は球団を通じ「人間がやっていることだし、ミスは仕方ないと思う。それがたまたま自分だっただけ」とコメントした。球団はNPBに対し、原因の究明と再発防止の対策を求めていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース