エンゼルス打線、ダルにお手上げ…PO進出厳しく

[ 2012年9月22日 06:00 ]

<エンゼルス・レンジャーズ>初回2死、プホルス(左)を中飛に打ち取ったダルビッシュ(右上)

ア・リーグ エンゼルス1-3レンジャーズ

(9月20日 アナハイム)
 エンゼルスはダルビッシュから1点を奪うのがやっと。無安打に倒れた主砲プホルスが「低めに球を集めていたし、失投はほとんどなかった」と言えば、ハンターも「今季対戦した中で一番の出来だった」とお手上げの様子。

 新人王を争うトラウトも6回の空振り三振について「うまくタイミングを外された」と右腕を称えた。8回1失点と好投の先発グリンキーを援護できず、ワイルドカード2位との差は4・5ゲームに後退。プレーオフ進出が厳しくなってきた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース